上野 キャバクラ
『担当者日記』
上野キャバクラ求人所

上野日記10-02

10/2伝説のキャバ嬢達の源氏名



キャバクラで働く女性にとって避けて通れないのが源氏名です。


これは一体どうやって命名しているのか未経験の女性も興味がある分野だと思います☆


源氏名とは元々源氏物語54帖の題名にちなみ、遊女や芸者につけられていましたが現在ではほぼキャバ嬢のことを指しています。


基本的にはどのお店も本名に近い名前や漢字を変えてそのままだったりしますが、人気キャバ嬢の名前を自分もそのまま使いたいという女性も多く、流行などがみられるのも源氏名の面白いところだと思います。


かつては女優の名前などから取られていたそうですが現在では肖像権などの問題で使用されなくなったと聞いています。


中には店長がその場で名前をつけるお店もありますが、源氏名でも「ただ唯一の源氏名」が存在します。


それは伝説のキャバ嬢達の源氏名で、「青木瀬里奈」「二階堂静香」「瀬名今日子」・・・といった名前はお店からも辞めたほうがいいと言われますし、名前負けすると先輩キャバ嬢から言われることもあるのだそうです。


最近では苗字もつける女性が多く、姫条、白咲、一条、一ノ瀬などがキャバ嬢っぽくて人気の苗字だと感じます。


皆さんはキャバ嬢になったときにつけたい源氏名、もうお決まりでしょうか?


電話
メール

日記一覧その2


(c)上野キャバクラ求人所